ニキビのない肌GETせよ!

赤ニキビは、毛穴が詰まることで、白ニキビや黒ニキビの症状が悪化し、炎症をおこしたニキビです。

 

アクネ菌が繁殖し炎症をおこした時に、肌は傷を治そうとして、ニキビの部分に集中的に毛細血管が増えます。
それが、ニキビ跡が赤く見える原因です。

 

また、ニキビの炎症が肌の奥深くまでおよぶと、赤みもなかなか治らないのでやっかいです。

 

血管が傷つき血液が流出したものが、赤黒い色の色素沈着となる事もあります。

 

放置したままではニキビ跡が残る可能性もあるので、しっかりと治していきましょう。

 

 

白ニキビや黒ニキビが赤ニキビにならないようにすることが肝要

 

白ニキビや黒ニキビが赤ニキビにならないようにするには、自分にあったニキビケア化粧品を見つけることが一番重要なことです。

 

赤ニキビがあまりに酷くて慢性化していて、頻発するようなら皮膚科受診も検討してください。

 

赤ニキビの治し方は、まず炎症を抑える必要があるので、触らない事です。

 

赤ニキビは気になるので、つい触りたくなってしまうものですが、触ればそれだけ刺激になって炎症にはよくありません。

 

また、触ることによって避けない雑菌をニキビに入れてしまう恐れもあります。

 

手で触ったり化粧や髪の毛で隠すのは、菌の繁殖を促すのでよくありません。

 

また就寝時に布団を頭までかぶるのも、布団の雑菌が菌の繁殖を促すので注意してください。

 

清潔なまくらカバーや、シーツを使用することも大事です。

 

基本的な治し方は、炎症していない初期ニキビと同じです。

 

洗顔で毛穴を清潔にし、洗顔後しっかり保湿することでターンオーバーを促進します。

 

洗顔料、化粧品はオイルフリーのものを使用してください。

 

アクネ菌は油分でさらに増殖するため、ニキビが悪化する原因となります。

 

ニキビ予防でも洗いすぎには気をつける

 

洗顔も1日3回を限度に洗いすぎないようにしてください。

 

あんまり洗顔しすぎると、逆に必要な水分や油分まで洗い流されてしまいます。

 

これはこれで危険なポイントで、洗えば洗うほど良いわけではありません。

 

皮脂を取り除きすぎてしまうと、今度は皮脂の過剰分泌がはじまり、毛穴がつまり赤ニキビをさらに悪化させます。

 

皮脂はアクネ菌の好物なので、皮脂が過剰分泌されてしまうと、赤ニキビがさらに悪化してしまいます。

 

また、赤ニキビ対策には、生活習慣やお手入れ方法をの見直しも大切です。

 

ニキビの原因とおさえておきたい重要ポイントはこちら